妊娠と葉酸にはどのような関係があるの?

葉酸ってどんな栄養素?

妊婦には葉酸の摂取を推奨していますが、一体どのような栄養素でどのような効果があるのでしょうか?葉酸とはビタミンB群の栄養素で、赤血球を作ったり、細胞の分化に不可欠と言われています。さらに、たんぱく質の生合成や皮膚の粘膜の強化と行った効果もあるとされています。この葉酸が含まれている食材の例としては、アスパラガス・ブロッコリー・ほうれん草・アボカド・枝豆などがあります。日常的に皆さんもよく食べているのではないでしょうか?基本的には日常の食生活で葉酸の不足による欠乏はほとんどないと言われていますが、成長期の子どもやダイエットなどの食事制限をしている成人は不足しやすいので、積極的な摂取が望まれています。

なぜ妊婦に葉酸が必要なの?

妊娠中は母体から胎児へ血液を通して栄養を送っています。その為、血液と関係が深い栄養素の葉酸がとても重要になってくるのです。さらに、葉酸をしっかり摂取することで赤ちゃんの無脳症や神経管閉鎖障害のリスクを減らすことができると言われています。妊娠初期は、母体の中で胎児が活発に発育形成していく時期なので、この時期にしっかりと葉酸を摂取するのが良いでしょう。しかし、あまり過剰に摂取してしまうと健康障害が出てしまう可能性があるので注意が必要です。成人女性で1日に0.24mg、妊婦は0.44mgと推奨されています。0.44mgの葉酸を1日で摂取するとなると納豆7パック分もあり、妊娠中は悪阻などでバランスの良い食事が困難な場合も多いので、上手にサプリメントを組み合わせると無理なく続けられるのではないでしょうか。