葉酸サプリに期待できる効果とは?

葉酸を摂取するならサプリメントで

葉酸はビタミンB群の一種の水溶性のビタミンで、正常な血液や細胞を作る働きがあります。また、妊娠中は赤ちゃんの脳や脊髄の発育を助ける大切な栄養素です。葉もの野菜やブロッコリー、豆類やレバーなどの食材に多く含まれていますが、熱に弱く、調理すると50%が失われてしまいます。食品から摂取する場合はさらにそのうちの50%しか体内に吸収されません。一方葉酸サプリメントは吸収を良くするために合成されているので、85%が体内に吸収されます。食事だけで必要な葉酸を摂取することは難しいため、厚生労働省は妊娠中に1日0.4mgの葉酸が入ったサプリメントを摂取することを推奨しています。バランスの取れた食事を心がけつつ、足りない分はサプリメントで補うことが大切です。

妊娠中に葉酸サプリを飲む効果

葉酸サプリは妊娠初期に摂取することで、胎児の先天性異常を防ぐ効果が期待できます。妊娠初期に葉酸が不足すると、子どもが二分脊椎症、無脳症などの神経管閉鎖障害になるリスクが高まるからです。また、流産や早産、発育不全なども葉酸不足が関係していると言われています。胎児の神経管閉鎖障害は妊娠7週未満に起こることが多いのですが、7週未満の時期ではまだ妊娠に気が付いていない女性も多いものです。妊娠に気が付いてから葉酸サプリを飲み始めるのではなく、子どもが欲しいと思ったら積極的に摂取するよう心がけましょう。妊娠1ヶ月前から妊娠3ヶ月までの期間は特に重要です。妊娠中期から出産後の授乳期にかけても大切な栄養素になるので、サプリを上手に利用して葉酸を摂取しましょう。